So-net無料ブログ作成

【MAVIC】2018  ロード チューブレスホイール! [商品のご案内]

7月23日(日)は【MTB練習会】です。

サッサを8時に出発します。
よろしくお願いします。

参加希望の方は、サッサまでご連絡下さいね!

****************************************

MAVIC(マヴィック)の2018年モデルの展示会に行って来ました!

mavic_2018_cosmic_01.jpg

mavic_2018_キシリウムエリート02.jpg

2018年モデルの注目は、何といっても”ロード・チューブレスホイール”です。

タイヤをリムに張り付けて使うチューブラーは、走り心地には定評があるものの
タイヤ交換がとっても面倒

タイヤの内側にチューブを入れて使うクリンチャーは、タイヤ・チューブの交換が
容易なため、広く使われていますが、チューブとタイヤの摩擦熱が抵抗となり
転がりが悪くなるなど、俊敏性に欠ける面がありました。


それに比べて、チューブレスは・・・

タイヤの内側に入れていたチューブをなくすことで、軽量化されたのはもとより
転がり抵抗が軽減されて、乗り心地がよい上にシーラントを注入することで
パンクのリスクも軽減されるのです!


しかし・・・MTBでチューブレスを使っていらっしゃる方は、少なからず
経験されているかと思いますが、タイヤとリムの羽目あいがきつくて
タイヤ交換が大変とか、ビートがなかなかあがらず大変などなど。


そこで!!

MAVICは・・・
・Easy:(簡単に)
 タイヤ交換タイヤのビードのあがりを容易にするリム形状
 そのリム形状専用設計のタイヤを同時開発

・Safe:(安全に)
 タイヤがリムから外れない安全性を確保しつつ、タイヤ装着を容易できるよう
 リムの形状を専用設計。
 リムビードの高さの誤差を、ETRTO規格の誤差以下におさめる
 ”Only MAVIC” の製造精度を実現
 そのリムとベストマッチする密着性の高いUSTタイヤをハッチンソンと共同開発し
 ホイールとタイヤをシステム(WTS)として提供

・Fast:(速く)
 チューブレスホイールと専用設計のタイヤにより、転がり抵抗をクリンチャー比で
 15%低減。
 専用タイヤは、低空気圧(Yksion USTで最大7bar,最低5bar)走行可能なため、
 乗り心地が大幅改善し、結果速く走れる!

とても魅力的なチューブレス・ホイール・タイヤシステムが出来上がりました!

mavic_2018_01.jpg
(携帯ポンプでも、大丈夫!!?)

チューブレスのことは、マウンテンバイクですでに経験豊富な!?
サッサにぜひお任せを!!

まずは8月??
”キシリウム プロ UST”【定価税抜 ¥130,000】
2018_KSYLIUMPRO_01.png

”キシリウム エリート UST”(多分赤?)【定価税抜 ¥85,000】
2018_KSYLIUMELITERED_01.png

がサッサに入荷予定です。

どしどし、ご予約下さい!!
(在庫現行モデルはお値打ちになるかも??・・・なります!!!)


規格の多いマウンテンバイクのホイールも、MAVICは幅広くラインナップしてます!
  mavic_2018_XA_27.5+_boost_01.jpg



フルサスの〇〇さん、お待ちてますよ!!(笑)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0